Patanjali's Yoga with Paul and Suzee Grilley パタンジャリのヨガスートラ

ポール・グリリーとスージー・グリリーによる、 ヨガスートラ、タントラ思想から理解を深めるチャクラメディテーション集中講座(8時間)の講座メモをご紹介します。マニュアルとあわせてご覧ください。



WEEK 1  Patanjali’s Yoga and Chakra Meditation 第1週 パタンジャリのヨーガとチャクラメディテーション

ヨーガの経典のひとつとして知られるパタンジャリのヨガスートラは、今から約2000年ほど前に、当時周知されていた特定の思想や流派を支持することなく、ニュートラルな視線で編纂されたと言われています。 「スートラ」とは、言葉の数珠を糸で通すように短文で表現されるため、明瞭であると同時に難解で、多様な解釈ができる言葉の連なり。そのためヨガスートラを読み解くには、信頼できる解説者(Commentary) の存在が不可欠とされます。

ポール・グリリーの講座では過去10年以上、研究者・学者 クリストファー・キー・チャップルの著書「Yoga and Luminous」を解説書として使用しています。また、主にチャクラ、タントラ思想については、ヨガの研究者である故・本山 博 博士の研究や著書を参考にしています。 TOPICS トピック ◎Patanjali's Yoga Sutra ヨガスートラとは。4章の総括 ◎2nd & 3rd Chapter of PYS 2章と3章で述べられていること ◎Ashtanga Yoga 八支則の定義 ◎Pranayama ヨガスートラで定義されるプラナヤーマとは ◎Pratyahara ヨガスートラで定義されるプラティヤハラとは ◎チャクラメディテーションの実践(15分程度)ビージャマントラ「YAM」 ◎Q&A 質問タイム

はじめに


第1週の講座内でサンスクリット語を紹介するときは「パタンジャリのヨガスートラ」に出てくる語彙をのみを使用し、他の古典で紹介される語彙は使用しません。マニュアルに載っているスートラの抜粋、Pranayamaのテクニックはここでは省略します。

DAY 1


ヨガスートラの意図・歴史的背景に親しむ


Science of the mind

・マインドと心の働きを科学的について体系的に示す

・宗教的なトーンを可能な限り排除して、宗派、流派を問わない中立性を目指した

Control of Prana

チャンティングにより、Pranaをコントロールすることができると述べるのみで、特定のマントラ(真言)について言及していない。中立的なスタンス


8 limbs of yoga

八支則は、ヨガスートラのスピリチャリティ(精神的成熟)のガイダンス ヨーガの実践法を定義した八支則は、段階的に「より繊細な」Pranaのコントロールを要する

よって段階的に取り組むことが大切になる