ジョー・バーネットが提案する、YIN YOGAの7つのステップ Seven Phases of Yin | Joe Barnett



ONLINEワークショップ「YIN YOGAの7つのステップ」では、ジョー・バーネットが20年以上の陰ヨガ指導経験から独自に編み出した7つのステップを解説しました。そして、シンプルな陰ヨガのプラクティスをリードしました。 シークエンスの2つ目に登場したフロッグのポーズ。実践はもちろん、生徒さんに紹介することに対しても、苦手意識をもっている方が多いポーズかもしれません。今一度、ジョー先生の誘導を振り返ってみましょう。




「陰ヨガの7つのステップ」とは?

陰ヨガの7つのステップは、過去20年の指導からジョー・バーネットが編み出した、陰ヨガの実践法であり指導メソッドです。陰ヨガの5つのステップとして紹介されることもありますが、今回はより指導者のためになる最新版「7つのステップ」としてご紹介しました。


この最新版では、陰ヨガの静かな側面により焦点があたっています。飛び石のようにポンポンと踏んでいくステップではありません。巻き貝のように螺旋を描きながら、マンダラのように円を描きながら、プラクティスを深め、指導に生かしていきましょう。


ジョー・バーネットが提案する陰ヨガの7つのステップ


1. Target Area: ターゲットエリア 指:ターゲットエリアを説明する 実:ターゲットエリアを学ぶ ・どこに感じたくて、どこに感じたくないかを明らかにする。ポーズによって複数箇所ターゲットが存在することを知る。ストレッチ・圧を与える部分を明確にする ・手のひらでさするようにして「このあたり」をジェスチャーで示す

指=指導者のステップ

実=実践者のステップ

・=補足内容

2.Variations バリエーション(複数形) 指:バリエーションを提示する

実:バリエーションを探る

・指導者は、複数のバリエーションを提示して、実践者にチョイスを選んでもらえるようなガイドを心がける。生徒が迷わないように2つか3つに留める。対面指導時