Characteristics of Chakras チャクラの特性とは




WEEK 2  Tantra Theory and Chakra Meditation 第 2 週 タントラ思想とチャクラメディテーション

第2週は、チャクラ理論を理解するために、生命の起源、そして苦しみからの解放を説くタントラ理論についてご紹介し、ビージャマントラを使ったメディテーションプラクティスを行いました。


チャクラについて、神秘的なシンボルと捉えるのではなく、肉体、アストラル体、原因体のヨギーの3つの体で理解しようと探求することで、メディテーションの実践がより実りあるものになります。 講座メモをご紹介します。

DAY 2


Characteristics of Chakras 各チャクラの特性とは


タントラ思想では、魂は、本来「3つの体」を制限なく行き来することができる自由な存在。しかし、人生の経験を通して「3つの体」のいずれかに執着を深めることで、魂はその「体」の囚われとなり自由を失う。そして、強い執着が「カルマの種」となって特定のチャクラに宿る、と考えられている

第1チャクラ 恐れと好奇心


利己的な質:衣食住に関わる安心感を求める。生理的欲求の追求

官能、外側にある幸せに対する欲望 = 死に対する恐怖 = 過度な性的関心

利他的な質:好奇心・興味


わたしは、なにものなのか。神は存在するのか。こうした高尚な問題に興味を持ち、好奇心を第7チャクラの持つ智慧、高次なメッセージを受け取ることへとシフトすることで、第1チャクラの調和をはかることができる

第2チャクラ 性的関心と健やかさ


利己的な質:恐怖、怒りの感情

夫婦間・恋人関係での暴力行為

腹をすかせた野生動物のように、本能で行動する。むき出しの攻撃性

利他的な質:外敵から身を守る「抵抗力」。自己防衛本能


スタミナの源であるため、第2チャクラが不活性に陥ると、活力が不足して諦めやすくなったり、無気力状態に。第2チャクラが停滞すると他のどのチャ